ここのところ気になるヤフーのニュースについて

以前からヤフーを見ている私ですが、色々と気になることが多いので、敢えて述べてみたいと思います。まず、悪意のある記事ですが、将棋の藤井聡太七段が順位戦で昇級できなかったものの勝率アップというのは良いことだと思うのですが、ヤフーの記事のタイトルは、藤井七段が順位戦で昇級ならずで師匠と明暗といった意味のもので、タイトルに悪意あり、と受け取れるものでした。こういった記事の存在を藤井七段はどう見ているかは兎も角、今後も期待される棋士ですので、私は楽しみです。そして、卓球の張本選手についてですが、こちらも対戦相手の水本選手とのことについて、水本選手が負けたことで優勝できなかったという意味のタイトルであったことで、私は、これについては素直に張本選手が優勝したことをタイトルに挙げる方が良いように思いました。何故、もっと勝者を称えないのか、勝者に対して敬意を払えないのか、といった点が疑問に思えます。次に、このところ気になっている記事ですが、以前と同じ記事の使いまわしと思える記事であると思えたので、腹立たしいもの数点として挙げます。一つは、新卒者の就職活動における面接の件です。付されているコメントも似たようなものでしたが、コメントは置いておいても、記事の内容を読んでみたところ、以前と殆ど変わらないもので、読んでいて腹が立つものでした。更に、今日は、会社のノートパソコンにステッカーを貼る者についての記事でしたが、弁護士ドットコムということで、写真からして、こんな人がいるのか、いう位変な記事でした。昨年も、この記事を読んだ記憶があるのですが、弁護士ドットコム自体が、おかしなネタをぶち上げて、他人に読ませるどうしようもない記事であることからしても、この様な記事が挙がること自体、ヤフーはもっとやることがあるだろう、と私は怒りました。勿論、コメントの方も私と同じ意見の方が多く、ヤフーはネタ切れか、とも思えた方の方が健全といった感じに思えました。確かに、会社で使っているパソコンにステッカーを貼ること自体、問題があると考えるのが普通ですが、この様なことで法的な措置について云々というのも、といった方もいらした様で、私は、今度、以前の記事の使いまわしのものが出たならば、誰かが抗議するといったことを行えば良い様に思えました。しょーもないことばかりでは・・・、ということになります。今後もチェックが必要でしょう。ミュゼ 永久脱毛じゃない