縄跳びの優勝者は、田沢で、ちなみに男です。回数は、何と82097回という、超驚異的な、数字をたたき出して、日常的には、表面的には、よゆうぶっこいてるふいんきが、多くて縄跳び中は、表情が、キツそうでしたけれど、ほとんどが、人を油断させておきながら、影では、こっそりと猛とっくんするタイプで、人より努力をします。これといって何か最初から人より上回る能力の持ち主ではないからと言うのもあります。アナウンサーのうちの一人は、男で、数を数えてる途中で、まだ続いてんのかよと、一言だけ女のアナウンサーに告げてから、帰りました。女のアナウンサーは、どう答えようか迷ってる状態でした。数えていた回数すらはっきりしないままで。分類分けに、関しては、あまりにも、変なのが多すぎることもあってそれが特徴となってる部分の多さから、分類分けを、意識しなくても、もうすでにある程度出来ている状態からの、しかも、後から出てくるのも、変なのばかりを予測された理由で、後続者の、キャラクターの紹介まで、あげくの果てには、中止となり、本題からずれて、縄跳びで、ゴビビデンス会場においては、幕を、閉じ、終了しました。キレイモ 生理