良い意味でも悪い意味でも、時々、人生においては予想外のことが起こるものです。たとえば宝くじに当たって大金を手に入れたり、突然の事故や病気で入院してしまったり、などです。そんな時、人は「運が良かった」とか「不運だった」などと言ったりします。
また、予想外のことはビジネスやスポーツのシーンなどでも起こります。たとえば必ず売れると予想した商品が全然売れなかったり、絶対に勝てないと言われているような弱い選手が強い選手に勝利するようなケースがあります。そんな時も、人は落胆したり大喜びしたりするのです。
今、毎日のように熱戦が繰り広げられているサッカーのワールドカップにおいても、誰も勝つと予想もしていなかったようなチームが勝ったり、絶対勝つと言われていたチームが負けたりしています。そんな予想外の事態に直面したチームやファンたちは、正に泣いたり笑ったりの状態です。それはまるで、人生の縮図を見ているかのようです。人生とは、予想外のことが起こるからこそ楽しくもあり怖くもあるのです。